どうも。
コッコである。


▶︎▶︎ コッコについて  ◀︎◀︎


**********


結婚 が したいわけではないという彼の真意はわかった。


そして「コッコさんは?」と聞かれた時に
「わたしも結婚は好きな人とがいいと思います」
と賛同するべきだったのだと思う。


もちろん好きな人との結婚がいいと
思う気持ちに嘘はなかったはずだが
私の口から出た言葉は少し違った。



「そうですね~。
ただ、親や
祖母のことを考えたら
安心させてあげたい気持ちもあるかもしれないですね」




とんだ嘘八百である。


好きじゃない人と結婚しても
親も祖母も安心するわけがない。

きっとさらに心配が増すだけ。




ただ、そんな返事をしてしまったのも、
少なからず心に巣食っている
結婚に対する執着があったのもあるし


好きな人と必ずしも結婚できるわけではないと
知った過去があったからかもしれないとふと思った。

IMG_4977



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ